旭川デリバリーヘルス『苺』 タイプ指名無料なので受付時、好みを伝えて下さい。

旭川デリヘル「苺」 営業時間:12:00~LAST TEL/ 0166-24-5760/ 090-9528-5147
旭川デリバリーヘルス 苺
旭川デリバリーヘルス 苺

カワイイ苺娘が大集合!!甘酸っぱい恋愛モード♥スタート!!

OPEN:12:00-LAST

お店にTEL

 

直通:090-9528-5147

※非通知・ホテル番号はお受けできません。
※出勤状況で営業時間は変動します。

MENU

ニュース

尻島にヒグマ足跡 海泳いだか

2018/06/01 01:56

道北の利尻島の海岸でヒグマと見られる足跡が見つかり、地元の利尻富士町が注意を呼びかけています。 町によりますと、島内でヒグマが最後に目撃されたのは今から106年前で、専門家は、対岸の稚内周辺から泳いで渡った可能性もあるとしています。 ヒグマと見られる足跡は、利尻富士町沼浦地区の海岸の10メートルほどの範囲で、およそ10個見つかりました。 1つの大きさは長さ25センチ、幅20センチほどで、専門家は、大人のオスのヒグマの可能性があるとしています。 現場は住宅までおよそ500メートル離れているということで、利尻富士町と隣の利尻町は屋外に設置されているスピーカーでゴミの管理を徹底することや山菜採りなどで山に入る際は鈴などをつけて注意するよう呼びかけています。 また、登山などで訪れる観光客には宿泊施設を通じて注意を呼びかけています。 一方、稚内市と利尻島を結ぶフェリーでは、船内放送やポスターで注意を呼びかけました。 埼玉県の男性は、「利尻島の花を見に来たので気をつけて散策したいです」と話していました。 また、奈良県からの女性は、「もし、ヒグマだったら怖いです。気をつけて観光します」と話していました。 今回、最初にヒグマとみられる足跡を見つけた安達功さんは、「海に釣りに来ていて、昼に休憩しようと荷物を取りに行ったら足跡があった。びっくりして近くにいるかもしれないのですぐにその場から逃げた。自分もまさかと思ったし島の人に話しても最初は信用してもらえなかった。島にクマがいると思うとこわい」と話していました。 専門家によりますと、利尻島にヒグマは生息していないということで、ヒグマが対岸の稚内周辺からおよそ20キロの距離を泳いで渡った可能性もあるとしています。 ヒグマの生態に詳しい酪農学園大学の佐藤喜和教授は、NHKの取材に対し、「ヒグマが川を渡ったり、海に入ったりするのは知られているが、利尻島の対岸の地域で海岸付近にクマが出ることはあまりないと思う。仮に島まで泳いで渡ったのだとしたら、なぜ、それだけ長い距離を泳いだのか理由は分からない」と話しています。 【最後に確認は106年前】 利尻富士町によりますと、島内でヒグマが最後に目撃されたのは、今から106年前の明治45年だということです。 この際は、海から泳いで渡ってきたということで、当時の駆除されたヒグマの写真が残されています。 利尻島と対岸の稚内市は直線距離で20キロあり、見つかった足跡がヒグマのものであれば、これまで生息していないとされた利尻島で106年ぶりの確認となり、ヒグマがどうやって島にやってきたのか関心が高まりそうです。